日能研以外の中学受験進学塾

日能研中学受験のエキスパートとして、有名私立や国立中学、中高一貫教育を行う公立校への進学を目指す小学生や保護者に人気の塾です。

日能研は首都圏を中心に教室が充実していて、その他では東海エリアと関西エリアに教室が多いですね。

首都圏ではこういった中学受験の進学塾の競争が激しく、日能研以外に有名な進学塾としては四谷大塚・SAPIX・市進学院・早稲田アカデミー・栄光ゼミナール・明光義塾・東京個別指導学院・臨海セミナーなどがあります。

日能研にくらべてどの中学受験塾がいいのかという比較もありますが、単に授業料だけで比較するものでもなく、合格者数で選ぶものでもないと思います。お子さんのタイプによっても日能研が良かったり、他のタイプの塾が良かったりしますから、周りの評判だけで決めずに親子で中学受験の塾を下見するのが良いと思います。途中で転塾する方もいらっしゃいますが、一度入ったらあまり移らない方が良いでしょう。

日能研の中学受験用学習プログラム

日能研では、中学受験用に様々なプログラムを用意しています。

基本的なカリキュラムは本科教室と呼ばれていて、前期は2月から開始となり、後期は夏休みをはさんで9月からの開始となります。

予習は奨励せず復習重視なのが日能研のやり方で、6年生になると毎週のようにカリキュラムテストが実施されます。

小学校がお休みになる春休みや夏休み、冬休みの間は、通常の本科教室もお休みとなり、春期講習・夏期講習・冬期講習といった特別プログラムが実施されます。

この特別講習は、通常の授業に比べて問題演習の比率が高く、問題を解いては解説をするといった流れの授業になっています。

日能研は習熟度に合わせたクラス編成を行っており、年間何度もクラスの入れ替えが行われています。

このクラス編成は成績によって入れ替えがあり、成績が上がれば上位クラスへとランクアップしますが、ちょっと気を抜くとすぐに下のクラスへと落とされる場合もあります。

厳しいシステムですが、同じようなレベルのメンバーで競争することで、食らいついているうちに相当な実力が付いてくるようになります。

日能研が実施している中学受験の公開模試は、全国で20000人ほどの小学6年生が受験する大規模な模擬試験であり、中学受験を予定している生徒にとっては大変重要なデータとなる公開模試になっています。

日能研の中学受験実績

日能研は独自の中学受験カリキュラムと過去の膨大なデータ分析、志望校に対する綿密な情報収集で、数多くの実績を上げています。

首都圏では特に実績があり、超難関校・有名校への中学受験では大きな成果を挙げています。

日能研がこのように中学受験において良い結果を出し続けている理由として、生徒の対象を中学受験にフォーカスした点が大きいでしょう。

一見少子化の流れの中で、ターゲットを絞り過ぎるのはビジネスとして危険と感じる方も多いのですが、逆に対象となるマーケットを広げ過ぎることで塾としての特色が無くなり、ライバルとの差別化ができなくなるというデメリットの方が大きいはずです。

また、公立の小学校内では競争意識を極力排除するようになっている中で、入会時にテストを実施し、その結果でクラス分けをするという日能研のスタイルは面白いと思います。

中学受験で成功するためには、どうしてもライバルとの競争は避けられないわけで、クラス分けされることで自分自身の今の実力が明確に分かるシステムは、実力アップのためにも良い方法です。

身近なところにライバルがいることで、目標設定もしやすくなります。

日能研の中学受験プログラム

日能研は首都圏から東海エリア、関西エリアを中心に、全国各地の有名私立・国立などの中学受験対策を行っている進学教室です。

日能研の中学受験プログラムの基本は、学年や時期による段階的な教育カリキュラムと、習熟度に合わせたクラス編成、毎月のように実施される各種センター模擬試験でのデータ分析とフィードバックです。

中学受験を目指す小学生に対し、日能研はまず勉強に興味を持たせることから始めます。

中学受験はある意味テクニックでもありますが、小学校低学年から中学年においては、知的好奇心を刺激することで机に向かうということを日常化させることに力を入れています。

5年生後半から6年生前半にかけては、中学受験という目標を明確にさせ、目標達成のために何をするべきかを個人個人へとフィードバックしていきます。

日能研の入塾については、6年生のはじめまで可能になっていますが、できる限り早い段階で中学受験対策をした方が、本人や保護者にとっても慌てずに済むのでいいでしょう。

日能研で低学年から中学受験を目指す

日能研は私立国立の有名難関中学受験対策に強い進学教室として有名ですが、もし我が子を日能研に入れるとしたら、いつごろから入塾させるといいのでしょうか。

どんな習い事も、できる限り早いうちからの方が早く身に付くと言われるので、小学校の低学年から中学受験対策をする保護者の方も多いと思います。

ただ、あまり押し付けの受験勉強では、小学校低学年だと息切れして逆効果になることもあります。

日能研では基本的なカリキュラムは小学校3年生からとなっていて、低学年には「ユーリカ!きっず」という別のプログラムがあります。

日能研のコンセプトとしては、やはり親や日能研の押し付けではなく、まずは本人の好奇心を刺激して学ぶ楽しさを植えつけるというものがあります。

小学校の1年生や2年生、そして3年生では、単に机に向かわせて一方的に伝えるのではなく、五感を使って楽しみながら学習するというカリキュラムを取っています。

低学年の段階で、学ぶこと=楽しいという感覚を身に付けさせ、日能研に行くということが日常になるようサポートしていきます。

中学年からは徐々に中学受験へと目を向けさせ、競争という刺激を与えながら潜在能力を引き出していくのが日能研の役割になります。

日能研は中学受験のスペシャリストです

日能研は首都圏を中心に、私立国立中学校や公立中高一貫校の中学受験を目指す小学生を対象とした進学塾です。

日能研は首都圏以外にも関西エリアと東海エリアで中学受験教室を展開しており、各エリアにある有名中学・難関中学に数多くの合格者を送り込んでいます。

日能研で実施されるセンター模試は、全国の中学受験生が20000人以上も受験する中学受験最大の模擬試験となっていて、詳細なデータに基づく合格判定結果には信頼性があります。

中学受験というマーケットに絞った日能研の戦略は、少子化の現代において進学塾の差別化につながり、大きな成果を挙げています。

各中学とのコミュニケーションもこまめにとっており、日能研のオフィシャルサイトでは志望人気の高い中学の訪問レポートが数多く掲載されています。

中学受験を目指す生徒や保護者にとって、志望する中学の受験対策はなかなか個人ではできません。

日能研には、70000件に及ぶ入試データや過去30年間蓄積された中学受験のノウハウがあり、データ収集や分析は日能研にまかせておけば良いという安心感があります。

中学受験の進学教室は大都市圏を中心に多数ありますが、日能研は全国規模の大きな中学受験センター模試を実施している点が強みです。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。